Profile

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【LoVA考察】通常攻撃について

初心者の特徴の一つとして、「通常攻撃しない」ことがあります。
なので、通常攻撃の重要性について書きます。

まず数字ですが、
アジ・ダハーカのLv1でのHPが455 (DEF28)

対面が2人とすると、
PC(ATK45)+海種:キマ(ATK39)+ディニ(ATK35)=119
PC(ATK45)+不死:ラスプーチン(ATK39) キュベレー(ATK50)=134
→総ATK253
※上記は被ダメージの目安

アジに対して、対面の2人がPCとパーティで1発通常入れるだけで半分程度HPを削ることが出来ます。


また、上記の海種がパシモルの場合は典型的なキルレーンになります。

PC(ATK45)+人獣:パーシヴァル(ATK73)+モルス(ATK61)=179
PC(ATK45)+不死:ラスプーチン(ATK39) キュベレー(ATK50)=134
→総ATK314

さらにリモートサモンでフェンリル呼んだ場合、

PC(ATK45)+人獣:パーシヴァル(ATK73)+モルス(ATK61)+フェンリル(ATK90)=269
PC(ATK45)+不死:ラスプーチン(ATK39) キュベレー(ATK50)=134
→総ATK404


10~30コストしかいない序盤戦において、通常攻撃はスキルと同等以上に重要です。
常に相手との距離を測り、通常攻撃を一発でも多く入れれるようにしましょう。

【Lova考察】序盤の動きについて

大体lovaわかったんで考察記事書いていきます。とりあえず序盤のゲームの動きで大切なこととかを。

まず、序盤で一番大切なことは、いかに成長するか?です。
成長するための方法は2種類あります。

・キルする
・ファームする(レーンミニオンを漏れなく最低1回は殴る)

上のどっちも出来ない状態の時が、「レーンで負けている」状態です。
そして、lovaでは上の2つのどっちを行うかはキャラによって決まります。

例えば、運命神 カルラ+クロートー スタートはファームタイプです。カルラでひたすらミニオンと敵キャラにハラスして、80までたまるのを待つ。

また、人獣 パーシヴァル+モルスならキルタイプになります。射程距離に一度入れば、MSの差で殴り続けることが出来ます。

LoLでいうところの、全レーンがシーズン1のbot。
常にキルチャンスがあり、甘えたら途端に不利になるゲームのため序盤はかなり大事です。

じゃあ具体的に何を考えて序盤動けばいいか?それはキルとファームのタイミングを測ることです。

対面が
魔手 アジ・ダカーハ、アマイモン
不死 キュベレー、ラスプーチン

自分は
人獣 パーシヴァル、モルス
神族 カルラ、クロートー
だとしたら、目指すべきはキルになります。

キルを目指す場合に注意すべきことは、キルするタイミングを逃さないことです。キルするタイミングは、カルラで敵を削ってから突っ込む、不用意に前に出てきた時、などいろいろですがそれを逃してばかりいるとタワーまで押し込まれてミニオンアークを取られたり、一方的に体力を削られて帰る羽目になります。

逆に言えば、ファームレーンの場合は上記に気をつけておけば良いです。今述べたことは一見当たり前なんですが、意外と出来てなかったりします。フェンリル持ちなのにずっとファームするだけだったり、ママリリ持ちやたら前に出たり。

キルかファームか、どちらをすべきか常に考えることが大事だと思います。

細かいことは次の記事で書きます。

talonについて

大会ではあんまり見てないけど、soloq配信とかではよく見るtalonについて。


◼︎長所
・味方に合わせる、離脱が容易
-blink、stelth、silence、slowと豊富なスキルセット

・バースト
-adcを無力化出来る

・AoE物理ダメージ
-敵にARを積むことを半強制出来る
-短所でもある
-rivenやjinxとの相性が良い


◼︎短所
・snowballが必要
-目安は早期にwでminion wave処理出来るように
-gragasに似ている?

・集団戦で飛び込むタイミングがシビア
-わかってる相手だとeで飛び込んだタイミングでcc入れてくる
-katarinaにやや近い

・相手ADCがGA持つとやや辛い
-一度しか飛び込めないのでkiteされると弱い


◼︎skill
r>w>e>q
qよりe優先。


◼rune、masterie
汎用assassinのもの。
スキル依存なので、cdr、ARpenの相性が良い。


◼︎item
start:ロングソード or フラスコ
-序盤はw投げるだけでジリ貧になりがちなので、個人的にはフラスコの方が安定する

1.ブルタ
-必須。ここから派生。

2.5靴
-ブルタの前に買ってもminion処理できないので、ある程度ad積んでから買う。
-余裕ある時に移動速度+20のやつも付ける。

IEビルド
1-1.tiamat
1-2.BF
1-3.IE
1-4.LW
-何処かにhydra、yoummuを挟む。買うタイミングはsnowball具合による。yoummuを買わずにIEを買うとやや運ゲー気味。
-IEとmasterieのcrit率上がるやつの相性はいいので、買うつもりなら取る。
-耐久性よりもダメージを優先したビルド。脆い。

BTビルド
2-1.ロングソード複数(ブルタ分入れて4つまでOK)
2-2.LW
2-3.BT
-対面がapならhexdrinkerを挟む。
-耐久性が高い。
-パーツを買いやすく、snowballしやすい。
-個人的にはこちらが好み。

3.防御アイテム
・GAのみ
-ライフスティールが防御アイテム代わり。
・AP対策
-hexdrinker>banshee

-基本的に攻撃アイテムしか買う必要はない。healthはBTで補う。

・tenacity不要
-focusを受けるとどちらにせよ死ぬので、攻撃に特化する。フルビルド揃った後であれば、5靴を変更するのはあり?


◼︎基本的な動き
序盤:死なないようにfarm、gankに合わせられるようにmanaは残す。枯渇したらcs多少犠牲にしてもすぐに帰る。

中盤(5靴買った辺りから):wでminion wave処理しつつgank。

後半:敵の一番育ってるやつにfocus。
e→ultにこだわる必要はないので、敵のfocus受けそうなら迷わずultで回避。ultは低cdなので出し惜しみしない。


◼︎zedとの比較
zedがユーティリティに優れ、
talonは集団戦で与える影響がより強い。

求められる技術はzedの方が上、leeに近い。
talonはある程度誰にでも使えるし、snowballはしやすい。

soloq性能はtalonの方が上だと思う。


◼︎まとめ
・snowballすると止まらない
・強ccに弱い(wwなど)
・assassinだけどAoE持ち
-rivenのように複数にダメージを出せる

diablo3 パッチ2.x 雑感

拡張のReaper of Soulが出るということで、いろいろ仕様が変わったパッチ2.0を少しやってます。

WDしかやってません。

攻撃するたびにフェティッシュが一体出てくるパッシブが強化されたっぽいのでそれ使ってます。7-8体は簡単に出るので、ピクミンみたいで楽しい。4人全員でそのビルドやってみたいのでみんな和田作ってください。

まあそんな感じでスキルの変更は結構いい感じです。

んでハクスラは、当たり前ですけど本質的には何も変わってません。レジェンダリー、セットアイテムが、チェストや雑魚ドロップと、エリート、ボスドロップと対して変わらなくなったのでむしろ作業感が増した感じはします。個人的にはブッチャーとかアズモタンとか狩らないと終わった気がしない。

たぶんそういう人のためにチャプターリセットが出来たんですけど。(チャプター最初から通しでするとディアブロからレジェ確定する)

まあ今更ハクスラ要素(farm要素?)にケチつけるのも違うとは思うので、パーティビルドを模索するのが一番面白そう。

その意味ではパラゴンシステムの変更はかなりいいと思います。レベリングの楽しみが出来たし、気軽にキャラ変えれるので、パーティの偏り出来にくいし。


でも個人的には時給労働的なレベリングには興味がなくて、ビルドとか工夫してボスをある程度緊張感もって倒したいです。

RoSではボス狩り含め戦闘が楽しくなってるといいな。2.0で追加された、ユニークエリートのkeywardenは理不尽だけど全然ムカつかないので、ああいうやつが色々いたら楽しい。

なんだかんだいって、RoSには期待出来るパッチ2.0でした。40ドルしないしお得だと思う。

patch note 和訳 [hearth stone]

bugfixed、macは省略。
よくわからんところは適当に訳したので察してください。
次の更新時適用分。

1.0.0.4944

general

・golden herosはranked gameで500win達成することでunlockされる。
win達成数はranked modeのデッキ選択画面で確認できる。

・新しいカードが追加された。これらのカードはそれぞれのranked season中に獲得できる。

・The Hearthsteed mound rewardが追加された。WoWのアカウントを持っていればすぐに獲得できる。
playかdraftのいずれかのmodeで3winすれば1つ獲得できる。

・他の地域(アメリカ、ヨーロッパ、韓国、台湾)のサーバーに接続してプレイできるようになった。
アカウントと所持しているカードは保持される。

・"players near me"がデフォルトで有効化された。オプションメニューで無効化できる。

・queue timerは待機中にのみ表示されるようになった。

・ひとつのアカウントのgoldの最大値が20000になった。20000以上のgoldは使用できない。
この制限は(中略)利用規約に書いてある。
これは運営がフェアプレイに最も重きをおいているため。
そして運営はgoldのモニタリングを続け、全ての人が楽しめるような、よりよいゲーム環境を作る努力をする。

・一定のexpart cardsに変更を加えた。dust化した際に手に入る量が増え、オリジナルのコストで作成できるようになった。
変更されたカードは以下。
 ・Nat Pagle
 ・Tinkmaster Overspark

Ranked Play
・ranked seasonが変わった。プレイヤーのrankは初期化された。
前回到達したrankによって、今seasonに獲得できるボーナススターが1つ増える。

Arena
・10 11 12winでのrewardsにcommon non goldenカードが出なくなった。

Visuals
・新しいカードエフェクトが追加された。+3 sparkles/+5 Shinies

・ミニオンがtauntとstelthの両方を得ているとき、stelth状態のときにはtaunt状態にならない。

・たくさんのカードを分解するとき、新しいグラフィックになった。新しい分解スタイルを楽しんでくれ。

・フレンドと対戦するときのUIポップアップが変わった。イカス。

・ミニオンがBressing of Wisdomの効果を受けているとき、"lightning bolt"が表示される。
これはすげーアイデアだ!

GamePlay

・もしあなたがdisconnectしたとき、60秒の間はreconnect出来る。

・expertAIを強くした。

・プレイヤーのデッキが全てゴールドカードなら、後攻で手に入るcoinカードもgoldになる。

・unlockされたheroを最初に使うとき、emoteする。Well met!

・Secretは相手のターンにのみ発動するようになった。
 ・secretの使い勝手は少し変わったと思う。
重要なことは、新しく作る、より強力なsecretは対戦中に起こる状況に、簡単に対応出来るようにすること。
(たとえばminionが死んだとき)。すべてのスペルを使い終えたあと、あなたの対戦相手のbadplayをおびき寄せることが出来る。
この変更はsecretsが、対戦相手の前に立ちはだかる罠のように機能することを目的とする。
あなたが自分のターンで使うスペルと差別化している。

・Card Changes
 ・Nat Pagle:あなたのターンのはじめに、50%の確率で新しくドローする。
  ・Nat Pagleはターンエンド時ではなく、ターンのはじめにドローするようになった。
   Natは強力なドローカードであり、対応するのが難しいカードだった。そのためほとんどのデッキに入っていた。
   この変更はカードパワーを下げ、このカードにカウンター出来る機会を与える。

 ・Tinkmaster Oversparkは3/3になった(前は2/2)。
  そして「battlecry:他のランダムなミニオンを5/5か1/1に変える」に変更された。
   ・Tinkmasterはsilenceとbig creaturesを弱体化する性能を備えていた。
    これを弱体化し、もうちょっと遊びのあるものにした。この変更はfun creaturesとしての役割を増やすことが出来たと思う。
    そして彼自身のパワーをcostに見合ったものにした。
    Tinkmasterは今までどおり多くのデッキタイプに入るべきだが、全てのハイレベルデッキに入るものではなくなった。
Amazon
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Ryona

name:Ryona

■Profile
negitaku
Twitter
Tumblr
読書メーター

カウンター
バロメーター
Amazon
リンク
  • seo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。