上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デバイスについて

クラン戦が毎日出来るって素晴らしいですね。
この調子で9月か10月のSAOTLに出場できるようにしたいものです。

前置きはこれぐらいにして、今回の講座(的なもの)を。



ずばりデバイスについて。
ここでいうデバイスとは、

・マウス、(ソール)
・マウスパッド
・キーボード
・ヘッドセット(ヘッドホン)


などです。

これらのデバイスは、野球で言うグローブやバット、テニスで言うラケットやシューズです。
しかし、高価な物を使わなくてもゲームは出来ます。
ボール式のマウスと100均のマウスパッド、100均のイヤホンでもFPSはプレイできるのです。

しかし、安価なデバイスには限界があります。
例えば、100均のマウスと、ゲーミング用のマウスでは、数字の上で差が出ます。
解像度やレスポンスの速さなどです。



少し話はそれますが、ゲームキューブのコントローラーは触ったことがあると思います。
GCのコントローラーは3Dスティックが劣化しやすいことはご存じでしょうか。

劣化すると、勝手に右に入力され続けたり、また、倒しているのに反応しなかったり、反応が鈍かったり…といった現象が起こります。
星井メンバーは実際に体験した人が多いでしょう。

察しのいい人は、ピンと来たかもしれません。
ずばり、安物のデバイスは、壊れたGCコントローラーと同質だと言うことです。
それを使い続ける限り、思い通りの操作ができずに苛立つことが何度もあるでしょう。

壊れていないコントローラーと壊れたコントローラー、あなたならどちらを使いますか?



いい物を使っている人を相手にすると、「デバイスの差」が出ます。
ヘッドセットが特に顕著です。

私見では、100均のイヤホンをしてプレイするのは、実質的にスピーカーでプレイしているのと変わらない気がします。
低品質のイヤホンだと、「音がどの方向から聞こえてくるか」聞き取りづらいです。
高品質のヘッドセットを使うと、「音がどの位置から発せられているか」かなり明確にわかります。

本当に相手が今どの位置にいるのか手に取るようにわかるため、公然のチートとも言えるでしょう。

ゲーミング ヘッドセット3機種の比較が詳しいので参考にしましょう。



文章ばかりだと味気ないので、ここらでKeNNyに登場していただきます。



この動画ではマウス捌きと実際のプレイ動画を同時に見れます。
このマウス捌きを見て、随分と激しく動かしている、と思う人もいるでしょう。

その理由は低センシであることです。
低センシは細かい修正が利きやすいので、相手の動きに合わせやすいです。
もちろん、その分マウスの移動距離は大きく、そして激しく(忙しく)なります。

その問題を解決するために、マウスパッドがあります。
マウスパッドを使うことで、マウスの滑りやすさ、止まりやすさが格段にあがります。
通常のパッドとゲーミングマウスパッドでは、マラソンを引き合いに出すと、サンダルとランニングシューズぐらいの差があります。

走りやすさが段違いですよね。
それと同じでaimのしやすさがパッドによって段違いになるでしょう。

マウス捌きはマウスパッドで決まると言っても過言ではありません。



とにかく言いたいことは一つです。
強い人は、間違いなくちゃんとしたゲーミングデバイスを使っています。
また、良い物を使ってプレイした方が上達も早いです。

優先順位としては、マウス>マウスパッド>ヘッドセット>キーボード、です。
これら全てをゲーミングデバイスで揃えても、チョイスによって10000円を切ることも可能です。

ゲーミングデバイスが欲しくなったときこそが、本当の意味で「FPSを始めた」ことになるのかもしれません。
ゲーミングデバイスは、自分の成長を助けるアイテムだと私は確信しています。



今回は我ながら面白くない内容だった。
まあ言いたいことは伝わるんじゃないでしょうか。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

壊れたコントローラwwwwww

俺の家の約50%のコントローラのことですね、わかりますwwww

おれはあとヘッドセットとキーボードだけだね

とくにヘッドセットがすごく星井

今使ってるやつ方向がわかんないww
Amazon
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Ryona

name:Ryona

■Profile
negitaku
Twitter
Tumblr
読書メーター

カウンター
バロメーター
Amazon
リンク
  • seo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。