上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84を読みました

内容については触れません。

村上春樹の1Q84が文庫化されたので読みました。基本的にハードカバーが苦手なのでどれだけ読みたい本でも文庫版で無いと読めないのですが、待った甲斐がある作品でした。
これと決めた作家しか読まない主義で、気に入った作家は村上春樹の他は白石一文しかいません。そのためなかなか小説を読む機会もないのですが、すんなり頭の中に入ってきたように思います。これまでの村上作品とは何か違うように感じました。

今回の1Q84はこれまでと違って極めて完成された物語だと思いました。他の作品には何らかの不満点というか煮え切らない部分があったのですが、本作にはそれを感じませんでした。あるいは私が成長して物の見方が変わったのかもしれません。

多分、あるとしても先ですが映像化されたら見に行くことでしょう。それが邦画で監督が誰であれ。


深夜に読み終えたテンションなので、目覚めたら気持ちが変わってるかもしれませんが、もし変わらなければ何か解説本でも買ってみようと思っています。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Amazon
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Ryona

name:Ryona

■Profile
negitaku
Twitter
Tumblr
読書メーター

カウンター
バロメーター
Amazon
リンク
  • seo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。