上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版ノルウェイの森を見た

見て良かったとは思うけど二度とはみたくない。ただのラブストーリーだった。

原作の空白感や喪失感といった「間」が薄れて、ただ愛情が伝わらないもどかしさに終始していて、それをふまえた何かが感じられなかった。

直子の重さの表現と比べて、周りの死が軽い。特にキズキの死を悼むシーンがどうもしっくりこなかった。
原作は直子との恋路だけでなく、周りの幾つもの死があって直子の喪失が意味を持つんだと思うんだけど、それがほぼ端折られてて、ただ直子死にました悲しいですみたいな映画で何だかなぁって感じ。

直子とかそもそも面白くも何ともないんだから、もっとワタナベ君がどうのこうのすれば良かったと思うんだけど、悪い意味で原作通りだった。
セックス描写長いし多いしその割に序文の空港は無いし、最後の「どこにいるんだろう」の台詞はなんか陳腐だし公衆電話じゃないし。

物語の最初と最後は基本的に一番大事な部分だと思ってるけど、それが丸ごと無くて最後まで詰まってないトッポというか尻尾が無いたい焼きというか。

やれやれ。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Amazon
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Ryona

name:Ryona

■Profile
negitaku
Twitter
Tumblr
読書メーター

カウンター
バロメーター
Amazon
リンク
  • seo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。